建学の精神philosophy

学校長より

燃えよ!価値あるものに

ようこそ、文化学園大学杉並へ。

松谷 茂
文化学園大学杉並中学・高等学校 校長

本校は、日々の『感動』を大切にしています。なぜなら、そうした『感動』はみなさんの感性に響き、自分の大切な価値観を磨いてくれるからです。多くの感動体験を通して物事の本質をしっかり思考し、自分なりの考えを持つのは大変楽しいことです。
また、学年や性別、国籍を越えた様々な友達とたくさんコミュニケーションを図ることも重要です。多様な意見に触れつつ、自分の価値観を育てていくのはとてもうれしいことです。
文化学園大学杉並は毎日の授業で、充実した行事や部活動で、こうした感動をたくさん味わえる学校です。
ぜひ私たちと一緒に学びましょう。

建学の精神「感動の教育」

教育実践目標 ― 三則

感動は友情を培い
生きがいを醸す

若い日の感動は終生の友をつくり、人生の生き甲斐を獲得する基盤をつくります。

感動は師弟を結び
生きがいをめざす

若い日の感動は深く師弟の結びつきをもとめ、より高い人生の生きがいを志向させます。

感動は行動を促し
生きがいを生む

若い日の感動は行動実践の意欲をもりあげ、人生の生きがいを自得させます。