文化学園大学杉並中学・高等学校

プライバシーポリシー

■基本方針
文化学園大学杉並中学・高等学校 (以下『本校』といいます)では、入学希望者・在校生とその保護者・卒業生に関する情報 (以下『個人情報』といいます)の適切な保護に努めます。 なお、個人情報の収集に使用した文書原本は、一定期間経過後に廃棄処分しております。
1.個人情報の使用目的
学校説明会や入学試験等、本校入学前に入手した個人情報は、『説明会等の案内』『入学試験での各種文書の作成』『合格発表等での各種文書の作成』などに使用します。 本校入学後に入手した個人情報は、『法令で規定された各種文書の作成』『家庭への連絡』『父母会名簿の作成』『成績証明書・調査書等の文書作成』などに使用します。
2.職員の監督や委託者に対する監督
本校は教職員に対して『生徒や保護者の個人情報保護に関する教育』を行います。個人情報は当該学年担当の教諭および講師、事務職員等が扱います。 コンピュータの保守業務など、個人情報が付属する業務を外部に委託する場合があります。この場合、委託先が本校と同等以上の個人情報管理を行うことを確認した上で『機密保持契約』を締結します。また、その業務について、本校職員による監督を行います。
3.個人情報の正確性
本校では個人情報の正確性を保つ努力をします。
4.個人情報に関する事項の開示・訂正・削除
個人情報は、原則として本人のみ、開示を求めることができます。具体的な方法は、本校事務局(TEL 03-3392-6636)までお問い合わせください。 個人情報開示の求めがあった場合、本校は申請者について適切な本人確認を行い、情報を開示します。 情報の訂正・削除の依頼があった場合、上記「使用目的」が阻害されない範囲において、速やかに対応します。
5.第三者への情報提供の制限
取得した個人情報は本校の業務内で利用するものであり、『本人の同意を得た場合』『法令等に基づき開示が要求された場合』『本校の権利を保護する目的で開示する場合』を除き、第三者への提供はいたしません。 なお、大学等への進学に関わる情報については、本人と保護者の同意を得た後、個人を特定できないものを予備校等の外部機関に提供することがあります。
6.個人情報保護方針の変更について
この「個人情報保護方針」は、法令その他の規範を遵守するため、内容を適宜改正します。
2005年3月31日作成
2008年6月10日改正

 

ページ先頭へ