文化学園大学杉並中学・高等学校

中学生FAQ
 

 受験生 保護者

主なご質問

学校生活について

入学試験について

学校生活について

  • Q.建学の精神である『感動の教育』について教えてください。

    A.みなさんは毎日の暮らしの中で感動していますか?感動とは、心を大きく揺さぶられることです。小説を読んだり、映画を見たり、すばらしい話を聞いたりすると、ジーンとします。涙が出るときもあります。やさしい気持ちになれます。感動することは、多感な十代には、とても大切なことなのです。文化学園大学杉並では、授業や部活動や行事など、「本物に、本気で取り組む感動の場」をたくさん用意しています。そして、満ち足りた学校生活の中で、夢中になれるもの、自分にしかできないものを探していきます。それは、磨けば磨くほど輝く宝石の原石であり、皆さんの将来にとっても、社会にとっても大きな価値をもちます。その価値あるものに情熱(エネルギー)を燃やした時、より大きな感動が得られるのです。本校の『感動の教育』は、みなさんの”心”と”これから”を必ず豊かにします。

    ページトップへ

  • Q.女子教育の利点は何ですか。

    A.本校では、それぞれの個性を生かしながら社会で活躍できる女性の育成を目指しています。そのために、自己を確立し自立を促す指導を行います。多感な時期に、女子の特性に合った最適なプログラムで、一人ひとりにきめ細かな指導をできるのが女子校の利点です。たくさんの様々な目標に向けて努力する友達の中で、自分の長所を見つけ磨いていくことができます。また女子の特性を理解し、それを最大限に生かす教育も行っています。例えば、英語や国語では『聴く力』に優れた女子の特長を生かして会話や音読を多用します。これで生徒の学力の伸びが一段と大きくなります。図形や座標の理解の仕方も、男子とは違ったアプローチが可能になります。剣道や茶道を必修にして、しつけや礼儀作法の指導もきめ細かくすることができます。多くの出会いや体験の中で、生徒たちが明るく、生き生きと、のびのび生活する姿をぜひご覧いただきたいと思います。

    ページトップへ

  • Q.昼食は給食ですか。

    A.中学生は全員が給食です。専属の栄養士が女子中学生の成長に合わせたメニューを作成し、学校内の厨房で作ります。「いろいろなものが食べられて、あたたかく、おいしい」と生徒にも好評です。高校生になったら、お弁当を持参する生徒、食堂『Rose Cafe』で定食やうどん、カレーなどを食べる生徒、サンドイッチを購入する生徒など様々です。パンやおにぎり、飲み物、アイスクリーム等の自動販売機があり、学校で食べものを購入することができます。

    ページトップへ

  • Q.生活指導は厳しいですか。

    A.中学生として当たり前のきまりを、校則として定めています。たとえば髪型は、えりが隠れる長さになったら一つ、または二つに結ぶことになっています。これは、礼をしたり運動をしたりした際にいちいち髪を気にしてかき上げなくてもよいためのきまりです。染髪、脱色、パーマ、化粧、ピアスの穴あけなど生来の身体に手を加える行為は、内面を充実させる中・高校生の活動には不必要であるだけでなく、妨げになります。このように、なぜこのきまりがあるのか、ということを説明しながら無理のない校則を定め、きまりは徹底して守るよう指導しています。したがって、「ミニスカートで学校生活がしたい」とか、「茶髪にしたい」という方は、本校への入学はやめた方がよいと思います。また、女子の特性に応じた、服装・礼儀などのしつけやマナー指導にも力を入れています。しかし「校則でがんじがらめに縛られて生活しているのではない」ということは、在校生の明るい笑顔と活気で判断していただけると思います。

    ページトップへ

  • Q.携帯電話を持たせたいのですが可能でしょうか。

    A.可能です。ただし、入学後に担任を通じて「許可願い」を提出していただきます。許可された生徒のみ学校への所持が可能となります。基本的には「緊急時以外は電源を入れない」ということになっていますので、登校後は担任が預かり、帰宅時に返却します。高校生になると自主管理となりますが、やはり緊急時以外に電源を入れることは禁止です。

    ページトップへ

  • Q.勉強についていけなくなったら補習などをしてくれますか。塾に通った方がよいでしょうか。

    A.毎日の授業をしっかり受け、その日のうち復習をすれば勉強についていけなくなることはありません。授業担当者は、こまめに復習的な宿題を出し、小テストを実施して理解度を確かめながら授業を進めています。課題や宿題は入学当初こそ「大変だ」と感じるかもしれませんが、毎日の積み重ねによりペースがつかめてくれば、塾や予備校に通わず、より授業を楽しく受けることができます。

    ページトップへ

  • Q.入学後に保護者が子供の様子や状況を教えてもらえる機会はありますか。

    A.中学校では毎月「学年だより」を発行し、学校生活の様子や今後の予定などをお伝えしています。また学級懇談会・個人面談・授業参観・進路説明会を開き、ご家庭との連携に努めています。保護者会、父母会、父親の会で教員と意見交換をする機会があります。

    【保護者会】
     [中学校]
     
     4月|6月(授業参観)|7月(3年生は進路説明)|11月(個人面談)|12月|3月(1,2年生のみ)

     [高校]

     4月|5月(3年生進路説明会)|6月(1,2年生進路説明会、3年生個人面談)|9月(3年生個人面談)|11月(個人面談)


    【父母会】
    :本校で、生徒の活動を応援する組織です。
     例えば、学園祭でおしるこ・おでんを作ったり、行事の手伝いをしたりしています。さらに、
    部活動の全国大会・関東大会出場時の支援や、父母のための陶芸教室・書道教室などの講座運営もしています。

    【父親の会】
    :普段はなかなか女子高へ足を運びづらいお父さん達も、学校に積極的に関わろうと発足した会です。学校の様子や部活動について、担任や部活動の顧問と懇談する会が催されます。その後、お楽しみの2次会も・・・。文化祭(薔薇祭)では、やきそばやフランクフルトを作り、販売します。

    ページトップへ

  • Q.寄付金や学債などはありますか。

    A.本校は、入学以降寄付金や学債は一切いただきません。パンフレット等でお知らせする費用以外にかかるものは、希望制のホームステイ費用や講習参加費用など個人の希望により必要となる金額のみです。修学旅行費も、学費の積み立てですべてまかないます。「学費」や「学費サポートシステム」の詳細につきましては、「学校案内書」の28頁をご参照ください。

    ページトップへ

  • Q.「グローバルコース」 と 「シグネットコース」の違いは何ですか。

    A.最も大きく違うのは、英語の授業です。
    「グローバルコース」は、週あたりの授業9時間の内7時間がネイティブ教員によるオールイングリッシュ で行われます。テキストは海外で使用されているものです。ただし、小学校時代の英語経験は心配いりません。逆に英語にアドバンテージのある生徒に関しては配慮した授業も行います。中学1年生では、1クラスを3人のネイティブが習熟度別に授業を行います。その他、一貫カリキュラムの先取り授業をハイレベルで展開し、海外大学、国公立大学、難関私立大学に強い真の学力を育成します。中学3年間は、特に希望がなければコースの移動はありません。
     
    「シグネットコース」は、7時間ある英語の授業の他、国語や数学もきめ細やかな習熟度別授業で基礎分野をしっかり固めます。また中学3年時に多彩な選択科目を取り入れ、様々な可能性を伸 ばしながら『文化学園大学』を含む多様な大学進学を実現します。中学1年生から中学2年生への進級時に、「グローバルコース」への移動も可能です。
    《シグネットコース 選択科目の例》 *オンライン英会話  *実験理科  *ファッションデザイン   *美術工芸デザイン  *箏曲 …etc.

    ページトップへ

  • Q.「A型入試」 を受験するので、2科・4科の受験勉強をしていません。入学した後、授業に支障はありませんか。

    A.全く心配はいりません。これまでA型入試で入学した生徒達は、学年が進むにつれて全国模試の偏差値や学年順位を着実に上げるケースがほとんどです。本校の「自ら考える生徒を育成するプログラム」は、A型(適性検査型)入試に向けて勉強してきた皆さんにとても合っている ようです。毎年多くの「A型生」達が入学し(学年の約1割)、生き生きと生活しています。

    ページトップへ

  • Q.英語は小学校以外では何も経験がありませんが、入学後に不安はありませんか。

    A.帰国生を除き、体系的に英語を学ぶのは初めて、という生徒が大部分です。基礎から丁寧に積み上げていきますのでご安心ください。

    ページトップへ

    Q.併設の文化学園大学は「ファッション」分野や「造形」分野で有名ですが、中学・高校でも家庭科や美術に力を入れているのですか。

    A.希望すればたくさん学べる、という仕組みです。必修科目としての授業量は一般の中学・高校と変わりありません。ただし、ファッションや造形分野に興味がある生徒は中学(シグネットコース)・高校(総合コース)とも「選択科目」で履修することができます。大学での単位を取得できる本格的な高大連携授業も受けることができるので、併設大学への最優先入学を希望する場合は「選択科目」が大変有効です。

    ページトップへ

    Q.高等学校へは全員進学できるのですか。

    A.基本的に全員が高等学校へ進学します。   1.成績が普通以上であること 2.出席状況が良好であること 3.生活指導上問題がないこと  が条件となります。高等学校での所属コースは、本人の希望に成績(学期ごとの評定や実力テスト結果等)を加味して判定されます。

    ページトップへ


  • 入学試験について

    • Q.午前の「第1回・第2回」と、午後の「難進グローバル1~3」では試験問題の難易度は変わりますか。

      A.午後に行う「難進グローバル入試」の問題の方が、難易度はやや上がります。「グローバルコース」へは55%以上の得点、「シグネットコース」へは45%以上の得点が合格の目安です。 (改行)午前に行う入試は、70%以上の得点で「グローバルコース」、60%以上の得点で「シグネットコース」へ合格する、というのが目安とお考えください。

      ページトップへ

    • Q.複数回受験の場合、優遇されることはありますか。

      A.複数回受験された方は、本校への入学意志が高いと判断し、受験した各回の最高点を考慮して合格判定をします(第1回と第2回、A型1とA型2。ただし難進グローバル1~3は優遇はなく、各回で合格者を判定します。)。繰り上げ合格に優遇される場合もあります。ただし、繰り上げ候補者の発表は行いません。手続き最終日に、直接電話にてお知らせします。また、受験料は1回2万円ですが、複数回を同時出願した場合は2万5千円となります。その他、英語に関する資格についても加点優遇があります。

      ページトップへ

    • Q.英語の入試、または資格に対する優遇はありますか。

      A.本校では小学生の基本的な実力をはかるために国・算・理・社を入試科目にしていますが、英語の資格をお持ちの方は、取得級等に応じて加点優遇を行います。例えば「英検」では2級以上取得で筆記試験に20点の加点をします。詳しくは「募集要項」をご覧ください。

      ページトップへ

    • Q.面接はありますか。

      A.面接はありません。ただし、小学校時代の出席状況などについては、確認させていただく場合があります。

      ページトップへ

    • Q.教科による、いわゆる「足切り」はありますか。

      A.教科ごとの得点制限は特に設定しておらずあくまでも合計点で判断します。

      ページトップへ

    • Q.入試当日の緊急時の対応についてはどのようになりますか。

      A.大雪などの悪天候、交通機関の大幅な遅れで試験時程等を変更する場合は、本校ホームページにて発表いたします。通常通り実施する旨も、同様に発表します。試験中に具合が悪くなった場合などは、保健室受験などの用意があります。

      ページトップへ

    • Q.万一インフルエンザ等で試験を受けられなかった場合はどうなりますか?

      A.日程内であれば、可能な限り別の試験日で受験ができるよう振り替えを行います。ただし、その他の日程での受験はできませんので健康管理には十分ご注意ください。

      ページトップへ

ページ先頭へ