文化学園大学杉並中学・高等学校

燃えよ!価値あるものに

「燃えよ!価値あるものに」をモットーに 生き生きした学校生活を送りましょう!

文化学園大学杉並は、みなさん一人ひとりがそれぞれの〝燃えられるもの〟を見つけ、とことん打ち込むことを応援する学校です。そこで得られる感動体験があなたを深め、大きくしてくれる価値を持っていると考えているからです。そのために、本校は〝燃えよ! 価値あるものに〟をモットーに日々教育を行い、新たな挑戦を続けているのです。 この度本校は、カナダ・ブリティッシュコロンビア州(BC州)と手を携えて「ダブルディプロマコース」を新設し、世界で活躍できる人材を育成する、世界に開かれた学校に進化しました。また、従来のコースも再編成し、新たに「国際コース」を設けるなど、グローバル教育の充実を図りました。東京・杉並の学校に通いながら、きっとあなたはより幅広い「価値あるもの」を見つけることができるはずです。 日本と世界、世界の中の日本、世界の中の自分…… さまざまな時、さまざまな場所に応じて〝グローバル・スイッチ〟を切り替え、世界で輝く女性になって欲しい。それが私たち文化学園大学杉並の願いです。

松谷 茂

中学校 生徒の声

フィリピン・セブ島 英語研修

「最初は少し緊張しましたが先生たちが優しいので、すぐに仲良く話せるようになりました。
授業はすべて英語で、わからないところもありましたが、授業の後に調べれば 全部理解できました。
宿題は先生によって出す日が違うのですが、1回すべての先生から出て、終わらないときもありました。
施設はきれいだし、食事も美味しかったので、生活上で困ることはありませんでした。
2週間みっちり英語をやったのでヒアリングに自信が持てるようになりました。
日本に帰っても英語で話す機会を見つけていきたいと思います。」

「先生は親切でフレンドリー、英語を使ったゲームをするなど 自然と言葉が出てくるようになり楽しかったです。
宿題は日本の文化について英語で説明することが多かったので、日本について考えるきっかけになりました。
施設はとくに不便じゃないし、食事は美味しくてあきないです。
1日あった休日はリゾートビーチに連れて行っていただき、南国を満喫しました。
最高の場所なので、家族で泊まりに来れたらいいと思いました。」

ホントに楽しかったようですね~
中学1年生から高校3年生まで希望制の研修で、幅広いレベルに合わせた英語研修。
中学1年生の参加者は帰国してから職員室で、この研修がどれだけ楽しかったかを先生方に話してくれました。 先生方が驚いたのは「先生、私が日本で恵まれた環境にいるってすっごくよくわかりました。
今のままじゃもったいない。世界には勉強したくでもできない人がたくさんいるんです。
だから私は今の環境を活かしてもっともっと勉強したいんです!そして恵まれない人たちの役に立ちたい!」 視野が広がって考え方も変わってくれたようです。
出発前は英語だけの生活に不安そうな様子で、最初の数日は授業も生活も思い通りにいかずに大変そうでしたが、日が経つにしたがって表情が明るくなり後半の1週間はたのしくてたまらないようでした。
「2週間の滞在は楽しすぎてあっという間でした。来年は3週間にしてください」と何人もの参加者から頼まれました。
英語でコミュニケーションを取るようになると、日本の文化について説明する機会がたくさん出てきます。日本のことを学びなおすきっかけにもなったようです。
現地の子供たちとの交流も印象に残ったようで、英語だけでなくさまざまな体験を通して忘れられない夏休みになったようです。

弓道部

「昨年できなかった全国大会への出場と、関東大会優勝を目指して練習してきました。
また合宿を通して個々のレベルアップをはかってきましたが、
どちらも目標に届かず残念な結果に終わりました。
しかしこの挫折を味わったからこそ、自分の弱点を知ることができました。
これからもあきらめることなく高い目標に向かって日々精進します。」

☆先輩の想いを引き継いで臨んだ今年の大会。結果は不本意だったようですが、それもいい体験です。
残念な結果を受け入れて次のチャレンジをしようとする姿勢が彼女たちの成長を物語っています。

卓球部 全国大会出場

「今年の夏もほぼ毎日練習に明け暮れました。
関東大会では敗者復活戦を勝ち上がり全国大会への出場権を得ました。
富山県で行われた全国大会では予選リーグで1勝し、
昨年より良い結果でした。秋以降も頑張ります!」

1・2年生が中心のチームながらも、東京都大会、関東大会と勝ち抜き、全国の大舞台に 進出したことは立派です。来年も好成績が期待できそうです。

バレーボール部

「関東・全国大会出場を目標に毎日練習をしてきました。
何回も合宿をして万全の準備で試合を迎えました。
実績も体格も数段上の相手でしたが、先生の作戦通りにプレーすると互角の試合ができました。
接戦になったもののあと1点が届かずに負けてしまいましたが、練習してきたことは出し切れたので悔いはありません。
3年生はこれで引退となりますが、1・2年生には来年絶対に目標を達成してもらいたいです。
3年間指導してくださった顧問の先生に感謝しています。」

いつも校内を走り回っているバレーボール部。体育館は他の部活と共有しているので、順番を待っているときなど、時間を無駄にせずにトレーニングしたり、校舎内をきれいに掃除してくれたり・・・。
厳しい顧問の先生も3年生を中心とした今年のチームには合格点を出していました。
競技に取り組む姿勢は、日本一となった高校ソフトテニス部に劣らないもの。
周りの人が応援したくなるバレーボール部。
来年こそ念願の関東大会に出場してもらいたいです。

勉強合宿 中学3 年生グローバルコース 軽井沢にて3 泊4 日

「1日に勉強する時間が長すぎて辛かったけど集中してやり切れて良かったです。」

「前回は夜の自習の時間に途中で部屋に戻ってしまったけど、今回は最後まで自習できて良かったです。集中力が切れてしまった時間もありました」

「今回は少ししんどい時もあったけれど、前回よりも自習時間に勉強している人が増えていたり、集中している人を見たりして、「自分もやらないと」という気持ちになれたので、やっぱり勉強合宿は必要だと思いました。」

「勉強合宿ってもっと嫌な負のイメージがあったけど、行った方が家よりも楽しいから良いな~と思いました。」

「数学は高校範囲に入っており、英語も次のステップへ進むようなので、気持ちを切り替えて2学期頑張ります。」

「良かったところは自習の時間、ちゃんと集中して宿題をやることができたことと、やらされている感じではなく、自分からやろうという気持ちでできたこと。」

「自分の中でケジメをつけて行動できたところは良かったです。反省点は自分に甘くて夜の自習の時間にあまり行かなかったところ」

中学3年生は2回目の勉強合宿でした。
前回より勉強の質と量が上がっていました。
積極的に自ら進んで勉強するようになり、学ぶことの楽しさを感じるようになってくれたようです。
3日目の夜に行った花火や きもだめし がいい気分転換になり、最後まで集中して勉強できたようです。
人間的にも成長していることが見て取れるのは本当に嬉しいことですね。

高等学校 生徒の声

フィリピン・セブ島 英語研修

「先生たちが優しく、授業がとても楽しかったです。
私が質問に答えられなくなったとき、いろいろな伝え方をしてくれて理解することができました。
食事も美味しくて安心して過ごせました。
宿題は毎日適度出してくれて、授業以外の時間も張り合いがありました。
食事も美味しかったので、生活上で困ることはありませんでした。
自分の英語に自信が持てるようになりました。
日本に帰っても英語で話す機会を見つけていきたいと思います。
2週間やりきって達成感いっぱいで、本当にいい経験になりました。」

「先生は親切でフレンドリー、授業では図で説明されるのがわかりやすかったです。
宿題は日本の文化について英語で説明することが多かったので、日本について考えるきっかけになりました。
施設はとくに不便じゃないし、食事は美味しくてあきないです。
1日あった休日はリゾートビーチに連れて行っていただき、南国を満喫しました。
最高の場所なので、家族で泊まりに来れたらいいと思いました。」

「思ったより良いところでした。食事も美味しかったし。
階段で先生に会うたびに英語でおしゃべりするのが楽しかったです。
リゾートビーチはとてもきれいでリラックスできたし疲れがふっとびました。
現地の子供たちと交流して、自分たちとの環境の差を目の当たりにして考えさせられました。
いろんな体験をさせていただき、最初の1週間はきつく感じることもありましたが、終わってみると早かったし楽しい思い出ばかりです。
楽しいところなので、英語が好きな人はもちろん、嫌いな人も行ってみるといいと思います。」

充実した2週間を過ごせたようです
日本語の通じない環境での生活。否が応でも英語でコミュニケーションを取らなければなりません。
最初はうまく表現できないもどかしさがありましたが数日で慣れて、勉強してきた成果を発揮できるようになっていました。
また生活で不便な出来事があると授業で質問して表現の仕方を学び、試してみると通じるようになっているので、学びと実践が隣り合わせになっている日々でした。
話すことで自信がついて、さらに学ぶ意欲が出てくるといういい循環になっていました。
この経験が次のステップにつながっていくのでしょうね。

インターハイ団体戦 初優勝!

ソフトテニス部

キャプテン 上田理央
「今年のチームの目標がインターハイ優勝。出場した選手だけでなく52名の部員全員の想いがひとつになって120%の力を出し切りま した!監督・コーチ・保護者・卒業生・応援してくれたすべての人たちに感謝しています!」

個人戦優勝 林田リコ( 2 年生) ・宮下こころ( 2 年生)
「個人戦での優勝も嬉しかったのですが、3年生のためにも団体戦で 優勝できたのが最高に嬉しかったです!」

3年生 部員
「出場していた選手が苦しい場面でも全力でプレーする姿に感動しました。少しでも選手の力になろうと必死に応援していたので『優勝を してくれてありがとう!』と言いたいし、一緒にやってきて本当によかったです!」

1年生 部員
「日ごろの練習や生活から先輩たちが大変な努力をされているのを見ていたので、優勝できて本当に良かったです。すべてにおいて尊敬し ています。来年は応援席ではなくコートでプレーできるように頑張ろうと思いました。」

これまで全国選抜大会、国民体育大会の優勝はありましたが、インターハイだけは何度も優勝に手を駆けながら届きませんでした。この夏に先輩たちの悔しさを背負った52名の部員が一丸となり悲願の初優勝を遂げました。
普段の学校生活で、何事にも明るく一生懸命に取り組む姿勢は誰からも好かれる存在で、今回の優勝には、すべての生徒・教職員が我がことのように喜んでいます。
ソフトテニス部のみなさん、おめでと~ (^□^)

レスリング部 個人戦 第3位

成國琴音(2年生)
「2度目のインターハイ、自分のレスリングを出せるかということを念頭に置いて臨みました。
初戦から3年生との厳しい闘いになりましたが、練習してきた「相手の反応を見て崩す」というレスリングができて良かったです。
3位という結果に満足せず次の大会に向けしっかり頑張ります!」

「文武両道」という言葉がピッタリの生徒です。レスリングでは全国上位の実力を持ち、さらに上を目指して競技に打ち込み、勉強にも高い集中力で取り組んでいる生徒です。
彼女を見ていると「自分はまだまだ頑張りが足りない」と思わされます。
4年後のオリンピックの舞台で輝いてほしい存在です。

吹奏楽部 東京都吹奏楽コンクール 銀賞

「コンクールの金賞に向け、毎日学校で、外部施設で、北竜湖合宿で練習に励みました。
今年度は演奏順が早く前日学校に泊まり、当日は4時に起きて調整をしてから本番に臨みました。
結果は銀賞でしたが全員が団結して曲を作ることができました。」

毎日一生懸命練習している吹奏楽部。大きな楽器を数人で抱えながら移動する姿は放課後の風物詩となっています。
コンクールだけでなく、体育祭・文化祭・入学式・卒業式などさまざまなイベントで活躍しています。
今回は楽器が鳴りにくい朝の演奏でしたが、満足いく発表ができたようです。
10月の薔薇祭では音楽の楽しさを披露してくれるでしょう。
演奏日程は要チェックですよ。

ダンス部 夏合宿

「夏合宿は体力の限界に挑戦するというテーマで行いました。厳しい時間でしたが、ダンスの楽しさと仲間と一緒なら頑張れるということがわかりました。
アイドルグループ『ブレイク スルー』との合同練習はすっごく盛り上がりました。

夏合宿を終えさらにレベルアップした彼女たち。
薔薇祭では会場全体を盛り上げる素晴らしいステージを見せてくれそうです。
しかし、アイドルグループとの合同練習はいい思い出になったことでしょう。

ファッションショー準備 被服造形選択 2 ・3 年生

2学期に入るといよいよ薔薇祭(文化祭)です。
本校の自慢の一つ「生徒主体のファッションショー」準備が着々と進められています。

「夏休み中は学校でも家でも衣装づくり。少しずつ完成に近づいていくのが楽しい!」

「ウエディングドレスを作成する合宿でチームの一体感が出てきました。 みんなの力で歴代最高のファッションショーにします!」

薔薇祭の一番人気ファッションショー。今年も被服造形メンバーが着々と準備を進めています。
夏のウェディング合宿も順調に進み、作品の完成も見えてきました。
早朝・昼休み・放課後にはパートごとにウォーキングと振付の練習が行われています。
今年の文化祭は10月1日(土)、2日(日)
どんな舞台を観ることができるのか楽しみです。

(衣装は本番までヒミツなので、写真は昨年の作品です)

高2 勉強合宿 軽井沢

「自習の時間も集中して勉強できました。
これからは合宿ほどの勉強時間は確保できないと思いますが、
勉強の仕方や取り組み方は継続したいです。」

「自分にとってプラスになる合宿でした。
思い残すことなく終えることができました。
自分に足りないところ、もっと勉強が必要だと気づかされ、
今回の合宿を通して、もっと勉強したいと思えるようになりました。」

「ほかのクラスの意識が高い人と一緒に勉強して、
自分はまだ甘いと思いました。
講習を受けて新しい勉強方法や自己採点の大切さ、
疑問を持って学ぶことが大事だとわかりました。
やりたいこともたくさん見つけたので、まずは勉強時間を増やし、
学んだことを継続したいです。」

「涼しくて勉強しやすかったです。
講習は集中できたし、自習も計画的にできました。
花火がたくさんあって楽しかったです。
東京に戻ってからも暑さに負けずにがんばります。」

軽井沢という過ごしやすい環境で長時間集中して勉強できたようです。
規則正しい生活をすること長時間勉強するコツだと気づいた生徒が多数いました。
参加した生徒が一様に言っているのは「食事が美味しかった!」なかでも青椒肉絲が大人気。
大学受験に向けて大事な2年生の夏休み。良い体験になったことでしょう。

ページ先頭へ